【第31回】未来の党、闇の敗因。12月26日陸山会裁判二審第二回公判にこそ、活路は開ける。

未来の党の敗因は、本当(闇の敗因)は陸山会事件なのです。
後述の通り、「本件4億円」を収入計上すること、「所有権移転請求権仮登記日」で「資産等_土地」を計上すること、などは会計上あり得ないと言うより、許されないのです。
たった、こんな簡単な常識を国民に訴えなかったばかりに、小沢さんは総理大臣に成ること無く、また、石川知裕氏は国会で一度も仕事をさせてもらえないまま、衆院選を迎えたのですから、国民は3年半前の政権交代は一体何だったんだ、と言う思いが選挙結果なのです。

公示日の前日に、小沢さんの秘書をしていたという候補者に、前回の投稿を手渡して、真実が見えたら連絡してくれるように、お願いをして来たのですが、残念です。
でも、私の名前や「阿闍梨(あじゃり)」の名を聞いても、まったくご存じ無い様子でしたので、小沢さんには私の投稿が届いていないことを悟りました。
奥の方に居た人で、『熱烈な小沢信者の中には、いるんだよな。こーゆーのが。』とでも言いたげに“薄笑い”を浮かべている輩がいました。
このような輩のせいで、未来の党が惨敗し、菅元首相との代表選の時も惨敗し、石川氏らも「有罪判決」を受け・・・・・、全てが“ここにある”のです。

そうです。
登石郁朗裁判長(陸山会裁判一審)、大善文男裁判長(小沢裁判一審)、小川正持裁判長(小沢裁判二審)、飯田喜信裁判長(陸山会裁判二審)を、ことごとく訴追請求している者がいることを小沢さんは、まだ、知らないのである。

森ゆうこ参議院議員(訴追委員会調査小委員)も、小川正持裁判長(小沢裁判二審)に対する訴追請求があったことを、まだ、知らないのである。

小沢裁判第13回公判で、小沢さんは『8億円と時々聞くが、それがよく分からない。私が用立てたのは4億円。』と証言しています。

『今以て、誰1人、小沢さんに納得の行く説明をしていないのではないですか?』
私のブログを読んで理解した人でなければ、小沢さんに納得の行く説明ができる訳がありません。

政権交代を果たしたにも拘らず、とうとう、小沢さんは抹殺されてしまいました。
陸山会事件の本質は、検察官の暴走に始まり、マスコミ、裁判官、弁護士、最高裁までもが冤罪に加担すると言う、議会制民主主義に反旗を翻した官僚組織によるクーデターであると私は捉えております。
早い話、官僚組織に国会議員全員が屈したのである。
しかも、情けないことに、誰1人“そのこと”に気付いてもいないのである。

『自民党が政権奪還を果たしたのでは無く、官僚共が政権を勝ち取ったのである。』

もし、未来の党が活路を求めるのであれば、12月26日に開かれる陸山会裁判二審第二回公判で、本投稿や【第29回】の内容等を飯田喜信裁判長にぶつけてやり、公訴権濫用を認めさせることです。
そして、マスコミを呼んで記者会見の場で、「陸山会事件の真相の全て」を説明し、国民に広く周知させ、国民の洗脳を覚ますことです。
最高裁の裁判官国民審査には、“既に遅し”の感はありますが、この真実を国民に伝えることは、小沢さんの最後の責任であると私は思います。

いえ、“最後の責任”にしてはいけません。国民の洗脳を覚ますことができれば、政局なんて即座に“ひっくり返る”のですから。
一票の格差等を理由に、弁護士の一団が選挙無効の訴えを起こしているようですが、この「陸山会事件の真相」は、もうひとつの選挙無効の理由になると思います。

『国民は、真実を知る権利があります。』
『国民から真実を隠蔽した者共は、罰を与えられなければなりません。』

★★【起訴状も判決文も“虚偽記載(ウソ)”である。】
小沢裁判一審判決文の中に『本件定期預金の原資の相当部分は、本件4億円ではなく、29日の送金により資金移動された陸山会や関係団体の一般財産であると認められる』という記述があります。
一方、小沢裁判一審検察側冒頭陳述(起訴状の読み上げ)で、『寄付のうち2億8千万円を1月5日にあったことにした』という記述がありました。

⇒このように、起訴状と判決文は、“虚偽記載(ウソ)”だらけです。
『え?解かりませんか?それでは詳しく解説します。』

★【収入計上と言うこと。】
平成17年の「翌年への繰越額」は、「269,186,826円」です。
「翌年への繰越額」の中身は、「現金預金」ですから、「2億8千万円」が架空計上(あったことにした)であるワケがありません。
これは、『あったことにした』と言う幼稚な事情では無く、後述の通り、土地の取得が確定したことに伴い収入として確定したので、「寄附計上(※)」したということなのです。
(※)寄附計上の内訳
「5 寄附の内訳 (政治団体分) 民主党岩手県第4区総支部 130,000,000円」
「5 寄附の内訳 (政治団体分) 小沢一郎政経研究会 150,000,000円」

つまり、これは、『29日の送金の関係団体』の「2億8千万円」だということです。
この「2億8千万円」を『“陸山会名義”の本件定期預金(担保提供)の原資』とするためには、あたりまえですが、平成16年に「寄附計上」して“陸山会のお金”とする必要があります。
これも、あたりまえですが、「“陸山会名義”の4億円の定期預金」を組む為には、4億円以上の“陸山会のお金”が必要です。平成16年の「翌年への繰越額」は、「610,051,380円」で、「りそな転借金4億円」を差し引いた「210,051,380円」しか定期預金を組む時には“陸山会のお金”は無かったのですから、当該「2億8千万円」を「寄附計上」しなければ、「“陸山会名義”の4億円の定期預金」を組むことはできません。
これが、「収入計上と言うこと」です。

実際には、平成16年に「寄附計上」していないのですから、平成16年の政治団体からの入金は、「預り金(政治団体が土地代金の支払いを立替えるための入金)」として陸山会は処理していたということであります。

従って、『本件定期預金(担保提供) 4億円の原資』は「本件4億円(10月12日ごろに入金した小澤個人のお金)」であり、土地代金残金「332,640,000円」は政治団体からの「預り金 2億8千万円」と陸山会の「立替金」により支払ったということです。

故に、「法人税基本通達2-1-2」等による会計上の確定主義に則り、平成17年1月7日に小澤個人から陸山会が権利証の受領をした時点で土地の引渡し及び収入・支出が確定したとして、「収入_寄附(政治団体) 2億8千万円」、「支出_事務所費(土地代金) 342,640,000円」、「資産等_土地 342,640,000円」を「みなし計上」した収支報告書は、公正妥当な会計処理の基準に従って作成されたものであります。

ちなみに、「所有権移転請求権仮登記」の代償として平成16年10月29日に売主に土地代金を支払ったのは“あくまで小澤個人”であり、陸山会の土地代金の支払先は“あくまで小澤個人”ですので、お間違え無く。

一方、小澤個人のお金4億円で「担保提供用定期預金4億円」を組み、「担保差入人小澤個人」が、りそな銀行に「担保提供定期預金4億円」を差入れして、“小澤個人名義”で「4億円」の融資を受け、それを陸山会に又貸ししました、というストーリーで、「担保提供定期預金4億円」の名義が“陸山会”ならば、これは犯罪行為となります。

その取引は、「利益相反取引(団体の資産を担保に個人が借入)」に成るばかりで無く、「有益性の無い貸付けによる利息詐欺」となります。
会計上、そのような犯罪行為は無かったものとして取り扱いますから、いずれにしても、名義は「“小澤個人”とみなします」ので、「担保提供定期預金4億円」が収支報告書に記載されることは絶対にありません。
よって、もちろん、「本件4億円」を収入計上することは、会計上、許されません。

なので、平成16年分の収支報告書に記載されている「預金等 471,500,000円」の中の「定期預金 4億円」は、「りそな転借金4億円」を原資に組んだ定期預金です。

★★【後書】
以上の通り、陸山会事件は「事件(虚偽記載)そのものが無い」のであります。
検察官も裁判官も弁護士もマスコミも、関係者全員が冤罪に加担していたのです。
このような“国家的な究極のいじめ”とも言える行為を見逃しておけば、きっと、第二第三の石川知裕氏が生まれることでしょう。

『え?小沢さんが抹殺されたから、もうこんなことは無いってか?甘くなくない?』

-----------------------------------------------------
詳しい内容は、こちらをご覧ください。
【第01回】陸山会事件の基礎資料
本投稿の金額等は、こちらで確認できます。
http://ajari-rikuzankai.at.webry.info/201101/article_1.html
【第29回】陸山会裁判控訴審裁判長と吉戒修一東京高等裁判所長官に対する訴追請求状を提出
http://ajari-rikuzankai.at.webry.info/201210/article_1.html
【第28回】小川正持裁判長(小沢裁判二審)に対する訴追請求状を提出
http://ajari-rikuzankai.at.webry.info/201208/article_1.html
【第27回】陸山会事件の真実のストーリー(完全版)。公訴権濫用の証拠、“陸山会事件の真の真相”も解説
http://ajari-rikuzankai.at.webry.info/201205/article_1.html

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

驚いた 驚いた

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック